スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアナ沖海戦から太平洋掌握を目指す提督の決断III「激闘クェゼリン沖」

前回からの続きです。


戦艦大和、武蔵を主力とする第4主力艦隊は1944年10月4日、ブリスベン沖へと到達していた。「豪水際封止作戦」の最後の関門である。瑞鳳以下4隻の軽空母は、直掩隊を絶えず上空に送り続け、ブリスベン航空隊の襲来に備えていた。

「敵さん、現れませんね。」

戦艦大和艦長、森下信衛は第一艦橋戦闘指揮所にて伊藤整一艦隊司令長官にぼやいていた。艦橋の外は既に日が沈み、星空が広がっている。

「ああ。だが大陸はまだ見えていない。油断するなよ。」
「わかっております。」

油断は大敵。いや、油断できる状況ではないことは間違いない。もし艦隊全滅などということが起これば、日本を護る艦はほぼ消滅してしまう。この作戦自体、一つの賭けのようなものだった。
とはいえ妙である。大陸にかなり近づいているにもかかわらず、昼に航空隊が襲撃してくることはなかった。工作員も送っていないため飛行場が破壊されていることはないはずだ。

「……罠か?」

もし敵がこの大和を引き付けるためあえて攻撃を行っていなかったのだとしたら。そう考えた時だった。

「電探上に敵艦隊捕捉!その数28!」

ブリスベンへの航路上に敵艦隊を捉えたのだ。

「全艦水上戦闘用意!艦隊に通達!敵艦隊発見!方位2-1-0!」

艦橋が慌ただしくなる。3か月ぶりの水上戦闘に伊藤の闘志は静かに燃え上っていた。



10月4日深夜、第4主力艦隊が捕捉したのはブリスベンを護るべく出港したオーストラリア艦隊だった。巡洋艦5、駆逐艦7、輸送船16の水雷戦隊である。戦艦を持たないオーストラリアは、夜戦に持ち込むことでできるだけ日本艦隊に打撃を与えようと試みたのであろう。だが、46㎝三連装砲を持つ大和、武蔵の前には近付くことすらできず、逆に一方的に被害を受けた。戦果、巡洋艦4、駆逐艦7。しかし、日本第4艦隊も痛い損害を受けることとなる。戦艦の砲撃の合間に突入し、雷撃戦を展開した航空巡洋艦最上が、反転離脱中に敵艦の砲撃を受けた。敵巡洋艦の砲弾は弾薬庫を直撃。誘爆を起こし、最上はタスマン海に沈んだ。艦艇は航空甲板の位置から二つに折れ、一瞬で轟沈したという。この戦闘で敵オーストラリア艦1隻と多数の輸送船を逃すも、翌10月5日明朝にはブリスベンへの砲撃を開始。午後にはブリスベン航空隊の空撃があったものの、直掩隊の活躍により返り討ちにし、なぜか寄港してきたオーストラリア残存艦隊共々ブリスベン守備隊を撃滅。10月6日、ブリスベンは陥落した。

ブリスベン沖海戦では戦艦長門および金剛、榛名が小破したためブリスベンで修理を行い、その間大鳳以下の第2機動艦隊はトラックへ寄港。10月25日、第4主力艦隊もトラックへと戻った。

豪水際封止作戦を成功させたことにより、オーストラリアからの脅威は無くなった上、大量の地下資源を得ることになった日本軍は、資源の問題は解決されたと判断し、次なる目標を中部太平洋の前線基地、クェゼリンへと定めた。ここに偵察機を含めた航空隊を配属することができれば、トラックやサイパンに接近してくる敵艦隊を即座に発見することができるためである。

10月30日、陸戦隊を引き連れて第4主力艦隊はクェゼリン沖へと出港。これまでの間、ウェーキより海軍爆撃機銀河による攻撃を行っていたが、クェゼリン守備隊の数は多く、また飛行場の規模が小さいため銀河の配属に時間がかかり、大きな成果を得ることはできなかった。

11月2日、クェゼリン沖を哨戒していた敵潜水戦隊を捕捉するも被害はなく、そのまま東進を続けていると、突如敵航空隊による攻撃が始まった。ウェーキ航空隊の情報によれば、クェゼリンの航空機はすべて破壊していた。つまり現れたのは敵空母機動艦隊による攻撃。総勢350機を超える大規模航空隊だった。
敵空母機動艦隊発見の報を受け、トラックで待機していた第2機動艦隊を急いでクェゼリンへ向かわせたが、ここを死守せんとするアメリカは、先のマリアナ沖海戦で残っていた戦艦アーカンソー、テキサス、ニューヨーク、ネバダを含む艦隊をクェゼリン沖に投入していたのである。

11月3日、直掩隊の活躍により航空攻撃の艦隊への被害は皆無であったが、約半数の戦闘機を失うこととなる。最上を失ったことで索敵能力が低下している第4主力艦隊は、敵空母機動艦隊を発見できないまま戦艦4を含む敵水上打撃部隊を捕捉。伊藤整一司令長官は、敵艦隊の追撃を命令するのであった。




勝利条件:11月10日までにクェゼリン基地を占領する
敗北条件:11月10日までにクェゼリン基地を占領できない
       または戦艦大和、武蔵いずれかの沈没




スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

マリアナ沖海戦から太平洋掌握を目指す提督の決断III「豪水際封止作戦」

提督の決断3を久々にプレイした経過をまとめてみた。シナリオはマリアナ沖海戦→日米開戦、陣営は日本、難易度は普通です。


1944年7月2日、太平洋の勢力争いは新たな局面を迎えた。

「サイパンハ、未ダ我ガ方ニアリ」

角田覚治第一航空艦隊司令長官の電文である。6月15日に上陸を許したサイパン島が死守されたのだ。復旧したトラック航空隊と、大鳳、翔鶴を中心とする第2機動艦隊の航空隊により、マリアナ沖を移動中だった米海兵隊は壊滅。更に大和を中心とする第4主力艦隊、軽空母の有する直掩隊に護られながらマリアナ沖を東進。接近中だった米機動部隊と砲戦を行い、見事撃破したのである。
米機動部隊の直掩機を壊滅させ、その後空爆と砲撃で敵戦力を壊滅に追い込む。VT信管による強烈な防空攻撃により多数の航空戦力が失われたが、米軍はそれ以上の損害を被った。

続きを読む »

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

サイドワインダー攻略指南書「チャプター1」

昨日予告していた通り、チャプター1の攻略を書きます。
今回私の方は難易度ハードでプレイしていますが、他の難易度にも応用は可能だと思います。
なお飛行時間を延ばし、ゲームの特性になれるためにも出撃前の訓練はすべて受けることをお勧めします。

ミッション01
使用機体:F-14
まずは機体の操作に慣れましょう。というミッションです。機関砲しか撃つことができませんがそれは向こうも同じです。敵機の後ろをとり、目標未来位置を予測して敵機の旋回方向に機首を向けて射撃しましょう。機関砲の扱いは前日の記事を見ていただければ幸いです。
まずは右上空の敵機を追いましょう。このミッションでは味方はかなり強く、放っておけば4機とも撃墜してしまいますが、折角なので自機も戦果を稼ぎたいところ。うまくいけば3機落すことも可能です。

ミッション02
使用機体:F-14
内容はさほど変わらず。しかし地上兵器がマップに配置されます。これらは作戦目標ではないので狙う必要はありませんが、腕に自信があるなら機銃掃射で破壊してみましょう。対空砲火が激しいですが、ある程度速度を保っていると当たりにくくなります。しかし速度がありすぎると引き起こしが間に合わず墜落するので、できるだけ浅い角度から侵入しましょう。速度は適正旋回速度より速く、1000㎞/h以上です。

ミッション03
使用機体:F-14
内容はほとんど変わりませんが、雨によって若干視界が悪くなったことと、敵機がJ35になったことで速度が上昇し、追いかけにくくなっています。安易に適正旋回速度まで落すと、簡単において行かれてしまうので、敵機の状況をコックピット右下のマルチディスプレイでよく確認しておくこと。
なお、敵機もエンジンにダメージを受ければ速度が低下し、主翼にダメージを受ければコントロール不能となって錐もみスピンを始めます。墜落した場合最後にダメージを与えたものの戦果となる為、気になるなら撃墜するまで追ったほうがいいでしょう。しかし敵機との速度差がかなり大きい状態になる為、すれ違いざまに接触。なんてことにならないように。

ミッション04
使用機体:F-4E
チュートリアル的要素も終わり、ここからは短距離赤外線誘導ミサイルのサイドワインダーが使用できます。しかしこのサイドワインダーは旧型であるため、敵機の側面から背後を捉えた時しか発射することができません。またここから使用機体はF-4Eとなり、旋回能力や加速能力が大きく下がります。ドッグファイトにおいては注意すること。
このミッションから加わったグラハム君を援護するのがミッション目標です。グラハム君は偵察のため一定のルートを飛行し、敵機に狙われるとフレアを使いますが回避行動はとりません。またフレアを使い切ると避ける気など全くなくなります。そのため敵機をグラハム君の後ろにつかせないこと敵機を機銃の射程に入れないことが重要になります。何も撃墜する必要はありません。僚機であるビリーは正面に現れた敵機をしつこく追い回そうとするため、最初の敵機は近づいてくることはあまりないはずです。側面から現れる敵機はグラハム君をミサイルで狙うことができる為、これらを優先して叩きましょう。護衛任務では護衛対象からあまり離れず、全方位レーダーや戦術マップを確認して敵機と護衛対象の位置を確認することが大事です。グラハム君が作戦空域から離脱すると作戦完遂となります。
なお、グラハム君が落とされても帰還命令が出されますが、この場合作戦完遂(MISSION ACCOMPLISHED)ではなく作戦終了(MISSION OVER)となり、作戦未達成での帰還となります。MISSION OVERでも物語は続きますが、あまりやりすぎるとゲームオーバーになるので注意しましょう。

ミッション05
使用機体:F-4E
初の夜間作戦ですが、やることに変わりはありません。視界が悪いので機関砲によるドッグファイトに持ち込むと見失い易い上、一つの敵に集中しすぎるとグラハム君に迫る敵機に気付かないこともあります。時には自分を盾にするのもいいかと思います。
このミッションから中距離レーダー誘導ミサイルのスパローが使用できます。このゲームではミサイルを放った後ずっと敵機を捉えていなくてもミサイルは追尾を行うので、撃ちっぱなしでも問題ありませんが、最大射程で撃つと外れる可能性が大きいのである程度引きつけたほうがいいかもしれません。難易度が上がれば上がるほど敵がカウンターメジャー(チャフ・フレア)で回避してくる上、耐久値が上がって一撃で撃墜できる可能性が減る為、ミサイルが使えるようになっても機関砲でとどめを刺す機会が増えます。機関砲の腕は対戦訓練などでしっかり磨いておきましょう。

ミッション06
使用機体:F-4E
またしても偵察ミッションですが、このミッションでグラハム君が撃墜されると戦死してしまいます。無事帰還させても着陸時の墜落事故で戦死しますが、やはり作戦完遂か否かという点において違います。相変わらずグラハム君には避ける気がないので、しっかりと敵機を追い払いましょう。グラハム君が地上からの対空攻撃によってダメージを受けることはないので、地上兵器を狙う必要はありません。敵機のJ35は速力があるので、気が付くと肉薄されていることもあります。しっかりと位置関係は把握しておきましょう。
優先すべき敵はグラハム君の後ろの敵>正面から近づいてくる敵>自機を狙う敵>遠くで哨戒している敵です。

ミッション07
使用機体:FA18
ここからFA18に変わります。そうレガシーホーネットです。旋回能力の高さはファントムの比ではありません。またこのミッションで登場するMig-27は攻撃機であり、対空戦闘能力を持っていません。鬱憤晴らしも兼ねて思う存分蹴散らしてやりましょう。橋を護衛するという目標がありますが、味方の活躍もある為橋が破壊されることはまずないでしょう。
注意しておくべきことは、雨のため視界が悪いことと、高所のため高度計が0になる前に地面に到達してしまうことです。またファントムよりもサイドワインダーの数が2つ減っているので、近距離ドッグファイトにおいては無駄撃ちをしないように。

ミッション08
使用機体:FA18
先程護った橋を今度は破壊しなさいという何とも理不尽なミッション。橋到達までにはいろんなルートがありますが、おすすめするのはミッション開始直後に高度を下げ、川沿いに全速力で南下するものです。あまりミッションに時間をかけると味方の数が減って不利になることもあるので、できるだけ早くミッションを終わらせたいところ。また全力で飛行すれば、後方から撃たれたミサイルは追いつくことができません。当たりそうならばフレア射出後に地面ぎりぎりまで高度を下げ、ミサイルを地面に叩きつけてやりましょう。途中から川の周りに岩壁が現れ、渓谷を通るような形になります。橋が現れたら速度を絞り、対地ミサイルであるウォールアイを橋めがけて放ちます。撃った後に高度を取ろうとすると橋を護衛していたIR-SAMに狙い撃ちされるので、そのまま橋の下をくぐりましょう。橋が崩れ始めたらミッション終了です。今回は離脱も着陸も必要ありません。

ミッション09
使用機体:FA18
まだあったのか偵察任務!今回は自分で撮影します。カメラの撮影方法は武器選択でカメラを選択し、後はミサイルと同じようにすればシャッターを切った扱いになります。撮影するときは速度を落としてアプローチすると取りやすくなりますが、落とし過ぎると対空砲火の餌食になり、速攻で蒸発してしまいます。目安はやはり1000㎞/hほど。また援護としてついてくれる僚機のジャミングポッドにより、対レーダーミサイルは無効化されますが、赤外線誘導ミサイルは無効化されません。撮影後、地上部隊の上空を通りすぎたり、敵機に背を向けるとすぐにミサイルが飛んでくるので注意すること。敵機は近いものから先に落としておくべきです。
また偵察対象がマップの広範囲に散らばっているので、エンジンにダメージを受けると出力低下により、時間内に撮影を完了できないことがあります。いずれにせよ、自分のケツはしっかり守りましょう。

ミッション10
使用機体:F-4E
緊急護衛任務。しかもFA18をオーバーホールしてしまったとかでF-4Eでの出撃。チャプター1最後の難関です。ミサイルの数ではFA18を優りますが、その貧弱な機体性能では敵のMigを追うのはつらくなってきます。また護衛対象は輸送機であり、直線的にしか飛行してくれません。スパローの最大射程をうまく利用して、敵機を寄せ付けない立ち回りをすることが必要になります。敵機は初期配置の4機から更に増援として2機ほど出現します(あやふやです)。輸送機に近づいてくる敵機を最優先に撃墜しましょう。ドッグファイト中に輸送機に近づく新たな敵を見つけたら、ドッグファイトを中断してそちらを攻撃してください。敵機はおそらく自機を狙うことになるでしょうが、輸送機が狙われるよりはましです。
輸送機はグラハム君よりは頑丈ですが、2~3回ダメージを食らうと撃墜されてしまいます。撃墜されればもちろん作戦終了になってしまいますので、できるかぎり守り通してください。
なお、このミッションにおいて小隊長であるジムが撃墜されると戦死します。当然生き残っても墜落事故で戦死しますが、グラハム君と違って輸送機護衛の強い戦力となってくれるため、助けるほど気を使う必要はありませんが、ある程度気にかけておいた方がいいかもしれません。


ここでチャプター1は終了します。ここからプレイヤーは第1小隊長となり、作戦立案ができるため、作戦の幅が広がっていきます。面白くなってくるのはここからですよ!


もしこの解説でもクリアできない!ここで詰まっている!という意見があれば、その都度詳しく解説いたします。まあないでしょうけどw


それではまた!次回は新しい機体とチャプター2についてお届けします。

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

サイドワインダーMAX攻略指南書「適正旋回速度と機関砲」

某氏が「難しい。やる気なくした」とおっしゃっていたので、勝手に書かせてもらいます。というのは私が実家に帰っているので、サイドワインダーMAXをプレイすることができるためです。

サイドワインダーMAXって何?という人は以前の記事を読んで頂ければ(読んでも解説が適当だったのでわからないかも)うれしいのですが、簡単に言えばフライトシューティングゲームです。以前はエースコンバットとその人気を二分していたソフトですが、現在では5作目を最後に途絶えています。
サイドワインダーMAXはその3作目であり、はじめてPS2で登場したものです。


さて、このゲームで最も大事なのは「適正旋回速度」の概念です。適正旋回速度とは、その機体が最も鋭い旋回をする旋回速度のことであり、旋回半径は考慮しません。この適正旋回速度を見極めないと、地上兵器を狙えば引き起こしで墜落し、ドッグファイトをすれば追いつけないどころかミサイルの回避もままなりません。

ここでは、初期の機体であるF-14、F-4E、FA18の適正旋回速度を解説します。

F-14はミッション1~ミッション3までお世話になる機体であり、機関砲しか搭載できません。よって旋回速度を維持することが重要になります。F-14の適正旋回速度は800㎞/h前後と1200㎞/h前後です。

F-4Eはミッション4~ミッション6までお世話になる機体であり、ミッションが進むにつれ、熱源追尾ミサイルのサイドワインダー、中距離レーダー誘導のスパローが搭載できるようになります。F-4Eの適正旋回速度は1000㎞/h前後ですが、機体性能がF-14より低いため、旋回速度自体がそれほど高くありません。J35やF-5Eを追うのが精いっぱいでしょう。
また、エンジン出力が高くないため、旋回速度を維持することが難しく、旋回以外にエネルギーを使わないように心掛けなければなりません。具体的には、ローヨーヨー(旋回しながら高度を下げて速度を稼ぐ)といった動きが有効です。

FA18はミッション7以降でお世話になる機体であり、サイドワインダーとスパローが搭載できますが、F-4Eよりサイドワインダーの数が2つ減っています。しかし、旋回能力はF-14をも上回るほどのものなので、ドッグファイトは行いやすいと思います。適正旋回速度は800㎞/h前後と1200㎞/h前後ですが、800㎞/hのほうが鋭い旋回が可能です。


しかし注意しなければならないのは機体の減速中は旋回速度が落ちるということです。
現在の速度が1000㎞/hで800㎞/hまで落そうとエアブレーキを掛けると、このゲームでは全く旋回してくれなくなります。
そのため、適正旋回速度に合わせるには加速しながら合わせるということが大事です。つまり機関砲でのドッグファイトにおいては、

加速して敵機を追う

機関砲の射程に入る前に減速

適正旋回速度まで落す

敵機を機関砲の射程に入れる

加速しながら逃げる敵を追い、機関砲を発射

という流れになります。旋回して敵を追う際に減速していては敵機に置いて行かれます。が、当然ながら敵機はこちらの旋回速度で飛行しているとは限らないので、減速したらおいて行かれる可能性もあります。減速のタイミングおよび加減は敵機の進行方向および敵機の速度を確認しながらが最もいいと思います。
なおサイドワインダーMAXでは敵機の進行方向に合わせて機関砲レティクルは動かないので、これは慣れるしかありません。コックピット右下のマルチディスプレイに表示される敵機の進行方向を参考にしましょう。

もう一つのアドバイスとして、機関砲でのドッグファイトになった際、敵機も自機を追いかけていると激しい旋回戦になり、ずっと背後を取れない状況が生まれます。トレーニングによる対戦訓練では特に顕著となりますが、これに対処するには水平旋回だけでなく、降下やループを組み合わせた旋回を行うことが有効です。当然ながら、高度を変えれば自機の速度が変化しやすくなります。スロットルの調整には気を使いましょう。
また、アフターバーナーの連続使用はエンジン温度の上昇により、最大出力の低下につながりますので、必要以上にふかさないように。



というところで今回はこれで終了です。次回はチャプター1のミッション攻略の予定です。

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

今更ながら「HOME FRONT」をプレイしてみた

書くこともないので少し昔(と言っても2年前になりますが)にスパイクより発売されたホームフロントについて少し書き残しておこうと思います。


私はFPSはオンラインを主にやるのではなく、キャンペーンの方を優先して楽しみたいちょっと変わった人種なのですが、そういう意味ではこのタイトルは非常に魅かれていました。なんせ大朝鮮連邦がアメリカ本土進攻っていうとんでもない設定から始まってますからね。

ストーリーはと言うと北朝鮮の金正恩が南北朝鮮を統一し、大朝鮮連邦と名を改め、ノーベル平和賞を受賞します。そんな中財政難や中東の戦争激化による石油価格の高騰、さらには新型インフルエンザによるパンデミックと、度重なる危機によって各国はその権力を失い、アメリカは海外に派遣していた軍の統制はおろか、国内の情勢も乱れ始めます。その危機に乗じて着実に力をつけていった朝鮮人民軍は、アメリカに変わる世界の警察官として勢力を拡大。ついには日本を含めたアジア周辺国に進攻を始めます。国連はこれを直ちにやめるように勧告するも、大朝鮮連邦は反発して国連を脱退。世界恐慌にも似た崩壊が各地で起こっている現状では国連の力は役に立たず、国連は解体されます。日本や中国を占領下に置き、大量の兵力と資源を蓄えた大朝鮮連邦は2025年、崩壊したアメリカのGPS衛星に変わるものを打ち上げますが、その正体は核兵器であり、アメリカ本土上空の宇宙空間で爆発した衛星は電磁パルスを放出。すべてのインフラが遮断され、その隙に朝鮮人民軍はハワイへ上陸しこれを占領。更には西海岸にも上陸し、アメリカ中西部を占領下に置いたのであった――。

一見無茶苦茶ですが非常に面白いストーリーとなっております。ゲーム中では主人公はレジスタンスとして、朝鮮人民軍から燃料を奪取し、アメリカ軍を行動可能な状態にするのが最終的な目的ですが、目の前には朝鮮人民軍によるアメリカ市民の惨殺や、それにおびえながら暮らす市民、抵抗する主人公たちを忌み嫌う者や生き残るために武器を持ち、自分の生活範囲を護る為に主人公や朝鮮人民軍を虐殺しようとする者など、様々な人間が出てきます。そういった意味では占領下という極限状態の人間の生き様が細かく描かれていると思います。

が、ストーリーが短すぎです。主人公はレジスタンスであり退役軍人です。少しネタバレになってしまいますが、ヘリに乗って燃料を奪取した後、アメリカ軍と共にサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ奪還作戦を遂行しますが、お話はそこで終わりです。朝鮮人民軍を殲滅したり、ハワイを取り返すお話はありません。
主人公はあくまでレジスタンスであって軍人ではないからそうなるのかもしれませんが、にしてはクリア時間もものすごく短いように感じました。これからだってところで終わってしまったかのような印象も受けます。その分そこまでの密度は濃いとも言えますが。


グラフィックはPS2並などと言う人もいますが、そんなことはないと思います。今どきのものと比べると質は落ちますが気になるほどではありません。夕焼けに沈むゴールデンゲートブリッジは綺麗でした。見とれているとSu-47のような朝鮮人民軍の戦闘機に味方が叩き落されるんですけどね。

銃の方はアメリカ軍からの鹵獲という設定が多いようで、AKコピー以外はほとんどがよく見る銃が登場します。銃の反動は少なめなので慣れてる人は簡単に敵に弾を当てられると思います。クリス社のスーパーVベクターの連射力と反動のなさからくる制圧力は笑えるほどでした。弾がすぐなくなるので笑っていると殺されますが。


総括すると設定が面白いのに今一つストーリーに伸びがないという印象でした。個人的にはハワイ奪還までやってほしかったですね。
オンラインはまだやっていないのですが、流石に2年もたっていると過疎ってるんじゃないかなーと思います。今買うのはあまりにも時期が過ぎてしまっているかもしれません。



それではまた。

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

プロフィール

緑虫

Author:緑虫
千早病にかかったプロデューサー兼提督。一時激しかったアイマス熱も落ち着き、ついでに執筆意欲も減少してきて現在に至る。扶桑姉さまに慰めてもらいたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。