スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドワインダーMAX攻略指南書「適正旋回速度と機関砲」

某氏が「難しい。やる気なくした」とおっしゃっていたので、勝手に書かせてもらいます。というのは私が実家に帰っているので、サイドワインダーMAXをプレイすることができるためです。

サイドワインダーMAXって何?という人は以前の記事を読んで頂ければ(読んでも解説が適当だったのでわからないかも)うれしいのですが、簡単に言えばフライトシューティングゲームです。以前はエースコンバットとその人気を二分していたソフトですが、現在では5作目を最後に途絶えています。
サイドワインダーMAXはその3作目であり、はじめてPS2で登場したものです。


さて、このゲームで最も大事なのは「適正旋回速度」の概念です。適正旋回速度とは、その機体が最も鋭い旋回をする旋回速度のことであり、旋回半径は考慮しません。この適正旋回速度を見極めないと、地上兵器を狙えば引き起こしで墜落し、ドッグファイトをすれば追いつけないどころかミサイルの回避もままなりません。

ここでは、初期の機体であるF-14、F-4E、FA18の適正旋回速度を解説します。

F-14はミッション1~ミッション3までお世話になる機体であり、機関砲しか搭載できません。よって旋回速度を維持することが重要になります。F-14の適正旋回速度は800㎞/h前後と1200㎞/h前後です。

F-4Eはミッション4~ミッション6までお世話になる機体であり、ミッションが進むにつれ、熱源追尾ミサイルのサイドワインダー、中距離レーダー誘導のスパローが搭載できるようになります。F-4Eの適正旋回速度は1000㎞/h前後ですが、機体性能がF-14より低いため、旋回速度自体がそれほど高くありません。J35やF-5Eを追うのが精いっぱいでしょう。
また、エンジン出力が高くないため、旋回速度を維持することが難しく、旋回以外にエネルギーを使わないように心掛けなければなりません。具体的には、ローヨーヨー(旋回しながら高度を下げて速度を稼ぐ)といった動きが有効です。

FA18はミッション7以降でお世話になる機体であり、サイドワインダーとスパローが搭載できますが、F-4Eよりサイドワインダーの数が2つ減っています。しかし、旋回能力はF-14をも上回るほどのものなので、ドッグファイトは行いやすいと思います。適正旋回速度は800㎞/h前後と1200㎞/h前後ですが、800㎞/hのほうが鋭い旋回が可能です。


しかし注意しなければならないのは機体の減速中は旋回速度が落ちるということです。
現在の速度が1000㎞/hで800㎞/hまで落そうとエアブレーキを掛けると、このゲームでは全く旋回してくれなくなります。
そのため、適正旋回速度に合わせるには加速しながら合わせるということが大事です。つまり機関砲でのドッグファイトにおいては、

加速して敵機を追う

機関砲の射程に入る前に減速

適正旋回速度まで落す

敵機を機関砲の射程に入れる

加速しながら逃げる敵を追い、機関砲を発射

という流れになります。旋回して敵を追う際に減速していては敵機に置いて行かれます。が、当然ながら敵機はこちらの旋回速度で飛行しているとは限らないので、減速したらおいて行かれる可能性もあります。減速のタイミングおよび加減は敵機の進行方向および敵機の速度を確認しながらが最もいいと思います。
なおサイドワインダーMAXでは敵機の進行方向に合わせて機関砲レティクルは動かないので、これは慣れるしかありません。コックピット右下のマルチディスプレイに表示される敵機の進行方向を参考にしましょう。

もう一つのアドバイスとして、機関砲でのドッグファイトになった際、敵機も自機を追いかけていると激しい旋回戦になり、ずっと背後を取れない状況が生まれます。トレーニングによる対戦訓練では特に顕著となりますが、これに対処するには水平旋回だけでなく、降下やループを組み合わせた旋回を行うことが有効です。当然ながら、高度を変えれば自機の速度が変化しやすくなります。スロットルの調整には気を使いましょう。
また、アフターバーナーの連続使用はエンジン温度の上昇により、最大出力の低下につながりますので、必要以上にふかさないように。



というところで今回はこれで終了です。次回はチャプター1のミッション攻略の予定です。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

緑虫

Author:緑虫
千早病にかかったプロデューサー兼提督。一時激しかったアイマス熱も落ち着き、ついでに執筆意欲も減少してきて現在に至る。扶桑姉さまに慰めてもらいたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。